家電をレンタルする時の流れやレンタル出来る商品を確認しよう

男女

シェアリングサービスの流行

最近ではさまざまなものをシェアリングして利用するサービスが増えています。自転車や家具、家電、水槽までもがレンタル出来るようになっています。自分の使いたい期間のみ利用することが出来るので、無駄なく使用することが出来ます。今現在も新しいシェアリングサービスが誕生しているので目が離せません。今回は家具・家電レンタルについて紹介していきます。一定期間レンタルするのですが、購入した場合とレンタルする場合どちらがお得になるのか気になります。答えは、どちらとも言えません。利用する方の状況によってお得になることもありますが、購入した方が長い目で見るとお得になることもあります。

お得にレンタルするためには

毎月のレンタル料金を安くしたいなら、長期間レンタルする必要があります。ある業者のレンタル料金を例に見てみましょう。家電3点セットをレンタルした時にかかる費用は、一括払いで80000円程度、月々分割払いにすると7000円ほどになります。続いては、全く同じ家電セットをレンタルして、契約期間を2年にするとレンタル料金はどのくらい変わるのでしょうか。一括払いだと87000円程度で、月々の分割払いだと4000円になります。倍の契約期間なのに、あまり料金が変わっていないことが分かります。これは、多くの業者に見られる傾向で、2年目の契約からレンタル料金が大きく安くなります。かといってレンタルする期間をただ延ばすだけでは損をすることもあります。あくまで優先するのは自分が利用する期間ということを忘れないようにしましょう。

あわせて読みたいオススメ記事

机と椅子

家具レンタルの利用をおすすめ出来る人達を紹介

家電・家具レンタルはどんな人が利用するとメリットが得られるのかまとめました。単身赴任が多い方や、初期費用を抑えたい方など、その他にもたくさんおすすめ出来る人がいるので、気になった方はご覧ください。

READ MORE

家具・家電レンタルサービス利用の流れ

レンタルする商品を選ぶ

レンタルサービスを行っている業者のホームページへ行けば、レンタル可能な商品を見ることが出来ます。レンタル料金は業者によってさまざまで、パックやセット料金などを行っている業者があるので、複数の業者を見比べてみるといいでしょう。利用する商品が決まったら、業者へ問い合わせを行います。

問い合わせ

レンタルする商品と、契約期間などが決まれば業者へ仮申し込みを行います。仮申し込み時に見積もりを取ることが出来るので、この時に料金が思っていた以上に高くなってしまった場合は、キャンセルすることも出来ます。この時点でのキャンセルは、キャンセル料などかからないので、迷っている場合は遠慮なく断りましょう。見積もりに納得出来たら仮申し込みを申請して終了です。

契約

仮申し込みが完了してから1週間以内には、業者から折り返しの連絡が来ます。その後、契約に必要な書類などの作成を行います。契約には、身分証明書が必要になります。その後料金の支払いを行います。基本的にレンタル業者はどこも前払いになっています。家具や家電の搬入が行われる1週間には振り込んでおくといいでしょう。

搬入作業

支払いが完了して、指定された日時になると業者が自宅まで来て搬入作業を行います。この搬入作業は業者が全て行ってくれるので、設置する位置を指示するだけで大丈夫です。搬入する量によりますが、長くても一時間ほどではおわるでしょう。エレベーターのないアパートなどの場合は、追加料金が発生することもあります。

利用から期間の終了

搬入が終了すると、契約した期間が終わるまで利用します。契約期間終了の3週間前くらいになると業者から連絡がくるので見落とさないようにしましょう。もし契約を更新する場合は、レンタル期間が終了する前に行いましょう。回収作業を依頼する日を指定しましょう。その日になると業者が回収して、利用は終了です。

レンタル出来る家電の例

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 掃除機
  • 空気清浄機
  • 扇風機
  • エアコン
  • ドライヤー
  • テレビ
  • 録画機器
  • 電子レンジ

[PR]家電ならレンタルするのがオススメ!
引越しの初期費用が抑えられる

[PR]水槽のレンタルなら簡単
気軽に契約できる

[PR]生活に必要なものは家電レンタル業者で揃えよう
発送エリアを公開中

広告募集中